忍者ブログ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆふ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[1]  [2]  [3

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

指導員

わだちでは職員もさん付けである。新人職員にはこちらが電話の応対など教えるときがある。所長もさん付けである。この人は三重県からやってくるが、木曾三川を車でわたれないというパニック障害を起こすときがある。そうすると仕事に差し支えるが見守っている。

わたしは外部の人にわだちを紹介する係だが「指導員の人をどう思うか」といわれて指導員って誰?としばらくぱにくっていた。「指導という縦割りの関係でなく、コンピュータに関するスペシャリテとして、相談する」と答えた。事実この七月からは所員であるいさくんと石やんが職員になる。
PR

CSSという

ホームページを作る方法を勉強している。マスターしたらすっきりして見やすいサイトにできるかもしれない。でも私はきれいな出来合いのものもすきなのだ。
作業所のホームページ作成チームは男ばかりなので、このひらひらふりふりが好きな心、わかってくれないだろうな。
CSSはもっとよい意味がある。高齢者や視覚障害者に優しい。
でもひらひらふりふりが…ああ。

月末だったので出勤簿を付けに行った

そうしたらミーティング記録に「出勤率の低い人のマシンは削る」と案にある。ひゃーそれではいくらHPの仕事をしたくてもマシンが来ないわけで、不本意なことしかできないわけで、ぶーぶーで、しかも工賃が低くなる。

無理を押しても出勤せねば。

男の話

もうほかの部署へ移ったKさん独身四十歳。「XXX(風俗街の名前)へ行きてぇー」もう二児のの父のYさん「行けばいいじゃん」「だって金が高いし」「そんでも行きたいんでしょう」「まあそうやけど」

なぜか私が部屋へ入ってきて、ほかの誰もいないか、いても男だけか、全ろうのDちゃんがいるときにその哀切な叫びが聞かれる。私も「行けばいいじゃん」と思ってしまう。あまりに切なそうなので、だめだとかいう余地がない。

実際に行っている人がいて「僕はスケベ、人格が悪い」としょげているところもあった。若いんだしさ。

地下鉄に乗ると

新人のS君が「地下鉄の入ってくるときになる音やかましくないですか?いつもびっくりするもん。」別のSさん「名鉄マジやかましい」「ふざけんじゃねえって思う」「でもみんなホームのふち歩いてるし」「かといって当たるわけにもいかんしねえ」「そうそう、やかましいからって電車蹴飛ばしても痛いだけだし」「なんとかならんもんかねえ」

今日の昼ごはんを食べながら話していたことである。警笛が耐えがたく、びっくりするほどの音であるということだというのはどうしてだろう。



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne