忍者ブログ

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆふ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大須骨董市

今日は昼雨が降って(これからも降るのかな)あいにくの天気だが、夏物が少々出てきていた。私は帯締めのいい感じのをほしかったが、なんだかしょぼいのや、ちょっと色目が、と言うものだったので買わなかった。その代わり変った羽織を買った。梅雨時の小寒いときに使えそうだ。五月でも大丈夫ではないか。その棚にはほかにも後ろ髪を引くものがあった。呉服屋が夏物の売出しをやっていた。そこで帯締めの安いのと足袋が安くなっていたので買う。この人は安いものしか買っていかない事を知られている。みんなが細工に使うようなものを着ようとする。

「いまっぺーじ」で若い人の浴衣が装飾過剰になっているのではないかと、少し年上のお姉さんぽい人が言っている。あれではないだろうか、着物の世界にもゴスロリが入ってきているとか。

本当は着物を譲ってくれると言う人と会う約束だったが、向こうも大変な事情があって会えなかった。

一番初めに呉服の古着で買ったのが雨コートと防寒コートだった、むやみに安かった。私のサイズが太かった。むやみに安ければいいというものでもないが、気に入っているものもある。袷では紅梅の着物。単衣はちょうちょの着物。これらは千円しなかった。

骨董市で着物を粋と言うのではないが、若い人らしくすがすがしく着ている人を散見した。おばあさんは着慣れているし、踊りの人もまたそうなのだが、この人たちはそうでないと思う。おばあさんはよく上っ張りを着ている。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne