忍者ブログ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆふ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415]  [414

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

後期高齢者医療

75歳以上の人と65歳から74歳の一定の障害のある人は後期高齢者医療というシステムになると言う。

要するにこれが日本の福祉の実態だと言うこと。福祉と言う概念が施し以上のものになっていない。だから財政的に余裕があれば施してあげる、ないならしない、しないどころか金をさらに毟ってゆくんだから怖ろしい。

働かざるもの食うべからずってこと。

働ける体力・知力・気力があって働かない人と言うのはそういってもかまわない。でも働こうにも職にあぶれてしまう人や、働く体力・知力・気力に欠けた人(一時的な怪我病気から障害と言う生得のものにいたるものまで)、すでに老いて働けない人にまでそういう言葉を使っていいということはないと思う。少なくとも今までは建前としていけないことだった。ものには裏があるのは悲しいがあるのだ。だけど堂々表でこういうことをされるとエコノミックアニマル丸出しである。昔のソ連みたい。

ものを言う自由はあるがいったところで伝わらないのは自由と言えるのかどうか。北朝鮮のことをえらそうに言えることではない。

何がえげつないかと言うとえげつない手段で金をもうけて、もうけたえげつない金を自分のためにしか使わないということが正しいと言うことになっていること。えげつない手段でない金のため方をしている人はどんどん貧乏になる。えげつないことをすると言うことができないから日干しになるか、ちょっと金をもうけようとするとなんだかつかまってしまう。

えげつない国だ。

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne