忍者ブログ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆふ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝起きて眼鏡を探し、あきらめて大須へ行き

朝起きたらめがねがない。朝といっても四時前に起きてごそごそ探したがない。私は眼鏡がないとどうにもこうにもならない人間なのに眼鏡の置き場をすぐ忘れる。眼鏡を見ることが出来ないので困ったものである。
で、大須の市があるのである程度の散財覚悟で出かける。充分に早く、早すぎるほど早く出かけたが手に届くものでいいものを見つけられなかった。今袷はほしくない。で、呉服屋の古着市へ行く。ここは今回目移りがするほどあったが、紺の紗と朱色に黒い縞、幾何学模様の紗を買う840円なり。

私が着物で現れたせいか私よりずっと年配の人にこの着物はなんと言う材質かと聞かれる。わからない。私はただふたすら安くて着用に耐えうるものを買うから、知らない。

耳鼻科がすごく込んでいたので午後から行くことにした。でわだちに行く。こんななら食事を頼めばよかった。食事で散財する羽目になったからだ。フィッシュバーガーが高い割におなかに持たず、おにぎりを買い、飲み物も買ったからだった。わだちは胃腸風邪で休む人が大量発生中で厨房の人は雑炊にしてくれた。余ってたらほしいが頼みもしないのにもらうのはと思ってやめておく。

眼鏡がなくては仕事にならず、熱も出てきて横になっている。木綿の着物がなぜか暑く感じたので朱色の紗を着ていたらボランティアの方に「これは本物の紗だよ」と驚かれる、値段を言ったので。この紗の肌触りと、ほどけてくる黒の着物は似ている。黒も本物の紗か。紗にしては透けないが、大事に繕って着よう。

実は市で絞りの藍の着物があてっとてもほしかったが3000円だった、手の出ないもののずっといじっていた。手が出ないものに古い長襦袢で汚れがそうないものがある。今の長襦袢より素敵である。者から見える長襦袢はすっきりと白か、何気にかっこいいものがいい。

呉服屋で絹の半衿と言うものを見た。洗うのに気を使うのであまり興味はなかったがそれほど高いとも思わない。ポリが安っぽい割りに高いのだ。おまけに痛い。ガーゼをじゃんじゃん替えたほうが気持ちいいと思う。
PR

Comment
無題
めがね見付かりましたか?健康回復するといいですね。応援とコメントありがとうございます。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne