忍者ブログ

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆふ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

橋下さんとキゾーさん

橋下さんと言うのは大阪府知事に立候補した人。大阪府民でもないのであまり関心はないが自公から公認を取れていないのに勢いがいいらしい。まあ、他の候補が勢いがないのではと思うが若い、軽薄、などあしざまに言われてやっているのはえらいもんだと思う。若ければ軽薄なのは仕方がないのだし、だって40前の人間が重厚だったら気持ちが悪い。もし当選したらやるだけやってみればいいと思う。いろいろ壁もあろうし、そこで得るものがあると思う。だめもとでいいではないかというのは他県人ゆえの無責任があるか。

で、キゾーさんが軽薄だと言っているわけではない。若い部類の人だけど、人を教える人というのがじっとりしていると勉強する側も気がめいるわけでしゃきしゃきしてもらってていい。哲学だとか文学に入る人って内に籠もる思考形態があるから本当はそうしゃきしゃきした性格ではないのかも。ただ観察型ではあると思う。
彼の文の中に韓国のどこかの列車に乗っていてその光景・音にデジャブを感じるシーンなどは詩的である。
PR

ハングル関係の本を買う

書店で注文し取り置いてもらってある本二冊を引き取る。CDは高くて来月に回す。ラジオ講座の本も買う。

とりあえず三月までラジオをちゃんと聴いて、この二冊をこなし、問題集をやって初級は終わると思う。二冊の前半はだいたいラジオで既習だが用言の変則活用はまだである。ラジオでは他に推量の表現はやってしまった。連体形も習った。後半はまだ未習の事柄が多い。これをこなしたら辞書を買おう。単語は苦手分野だがラジオの単語をまず覚えよう。
その後シャドーイングで学ぶ中級の本があるのでやってみたい。私は母音の発音がいまひとつあいまいなので、耳でわかってもきちんと話していないことがある。正月に放送した公開録音みたいなのがあるといいな。

四月から外国語講座のプログラムが大幅に変わる。まだ内容がわからない。今ハングルのほかにロシア語を聞いていて、これがなんとも困った時間帯に放送されるが、来年もその困った感じは続く。今の先生の講座は語学力では落伍してしまったが、ロシアを知るということについてはとてもためになる。私たちの世代はロシアって言われてもいまひとつぴんと来ない、良くも悪くも知らない。知りたくても語学講座はどんどんマイナー路線を突っ走る。冷遇である。

ところで唐突にルドルフシュタイナー。私は彼の教育理論をもっと知りたい。特に障害者教育にはどういう思考をしてそういう実践をしようとしていたのか気になる。日本の本は教育系では幼児教育かせいぜい初等教育だし、実践記録が多い。原書に当たるとしてもドイツ語はさっぱりわからない。ラジオで独習して読めるほどになるのかな、なればやるけど。そこで四月からどういうプログラムを組むのかが気になる。

じゃがいも・あじひもの・めためた

24日は終日ジャガイモとあじの干物で食べている、冷蔵庫にそれしかなかったから。明けて25日、工賃が入って頭が真っ白になりでっかいプリンとチョコレート、ドーナツ二個、肉まん、チーズワンポーションを午前中に食べまくり気分が悪くなってしまった。夕方カレーパンをひとつ食べる。夜はカキフライを作る予定。

風邪は快方に向かいつつある、腕の痛みもひきつつある。わだちを休んで寝ていたから楽になったかもしれない。

風邪がひどくなる・レバー

22日はレバーの甘辛煮をおかずに食べていた。程よく煮え、程よく味がつき、かつカチカチになってなくて満足。やはり砂糖は偉大である。
風邪で発熱し、寝ていてもへんな夢ばかり見てうなされる。おまけに夕方から左腕が抜けるように痛くなり接骨院で何とかホウ炎と言われた。左足は捻っているし痛いところだらけ。

防寒コ-トの身幅が出せるか見積もりに出していたら、あまりにもサイズが違いすぎて無理とのこと、それで少し来月お金が減らなくなった。匂い袋とふみ香を買う。

わだちは風邪で休む人続出、私もその一人だが猛烈である。

23日朝 納豆ご飯
   昼 納豆ご飯 生麩とサトイモの煮物 プチトマト

袴・伊予柑など

袴に対する憧れがあって去年買ってしまった。ロングスカートだと思えば値段的に悔いることはないが、袴→卒業式の学生と言う図式が抜けず着てもいいのかいなと言う気分がいまだにしている。

今日朝早く起きてしまったので履いてみる。えーっこんな感じでいいの?と言う不安感が先に立つ。脇がぱっくり開いているのだ。着物を着ているわけだから肌が見えるとか言うことはないが不安だ。しょうがないのでもらい物の長羽織を上に着る。紐の結び方が変なのか途中で前がずり後ろがずり大変だった。あと人の眼が気になる。着物を着ている人はさして珍しくないが袴を着ている学生以外の人間は珍しい。しかし着物のときの裾を気にしてちょこちょこと歩くことは袴でなくなり平気で走ったりしている。

今日の食事
朝 パン マーガリン
昼 牡蠣の汁かけご飯
夕 ビーフン 巾着 ご飯 伊予柑

土曜の夜はケータイ短歌 のバックナンバーを見た。小池さん、なんだか髪が乱れてる。髪自体が減ってきたのかなんだかふけてきた気がする。父親がふけてきたときと同じ、心もとない感覚におそわれる。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne