忍者ブログ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆふ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アスペルな私とやまちゃん

わだちの長老山ちゃんは駄洒落ばかり言う。長老だけにねたが古い。おまけにさぶいらしい。
でもやまちゃんが駄洒落を言わないと病気なのでみんな気を使う。

やまちゃんは駄洒落がわかってくれないとしつこく繰り返す。若者ぶってるとひねくれる。二十歳のしば君には実際若いので言わないが。で、私反応するとしばらく絶句して「XXさんには駄洒落がわからんのが僕ちゃんわかった」何度も何度もそうなるうち私には駄洒落を言わなくなった。

アスペルガーは冗談が通じない。まじめに言っているのに受けたり、みんなが冗談で言ってることを真に受けていたりしてそこが対人関係を損なうのだがやまちゃんはその知識はないが勘でわかるらしい。

こういうテストがある。「デートの二人が有名レストランで三十分も待たされた。やってきたボーイ謝罪もしないので『さすが一流レストランだね』といった。さてかれはどうおもっているのでしょう?」三択の答えがあるがなくても普通の理解力があれば(知的障害の人は難しいかも)「彼は怒っている」と答える。私は悩んでいた。皮肉を言っているのかな?本当にさすがだといっているのかな?どういう声で言ったのかわからないからわからない…

自閉性のある子供は時に「サバン」という特殊な天才性を持つときがある。(自閉に限ったことではないが知的障害を持つ人にサバンがある、というか知的障害だからサバンだと呼ばれるのか)放浪の画家山下清画伯も「絵画サバン」らしい。サバンというほどではないが語学が得意なほうだ。それも耳から入ってくることで覚える。かつてエスペラントの集まりで「私は音声教材を繰り返して聞いていれば十回くらい聞けば未知の単語があっても話はわかる」といって信じられないといわれたことがある。文法の初歩と、基本単語を覚えた入門段階を過ぎれば私には可能なことである。規則性にとんだエスペラントだけにそれは顕著だ。一人だけ「そういう覚え方をする人もいるんだよ」といってくれた人がいる。Akiraさんだ。何で辞書もつづりもわからずに話がわかってしまうのかとみんなが否定するので私は自分がおかしいのかと思っていたが、否定しない人がいて安心した。
言語・音感サバン的なものがあるのだろう。知的に問題がないだけに弱いのだが。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne