忍者ブログ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆふ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407]  [406

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

文通相手に手紙を書かねば

このところ韓国語に熱を入れていたのでエスペラントがお留守になっていた。エスペラントも忘れがちなので一度おさらいしないといけないと思う。だいたいのことは覚えているが、単語を忘れたりする。

私には机がない、ないというのは不正確だが今や小机を広げようにもものがあふれて広げられない。したがって何か勉強しようと言うときには図書館へ行くが、図書館は早く行かないと学生であふれてしまう。学生が勉強する必要性と私が勉強する必要性の度合いは私のほうが低かろうので(個人的なモチヴェーションは別だが)なんだか遠慮してしまう。

夫は私が勉強しているのを、無駄だとか趣味だとか大学で勉強したのはかけらも残っていないとか言うが興味の方向性が違うのだ。私はコミュニケーションの手段として語学を勉強しているわけで、自分のことを知りたいから脳についての事や精神医学についての本を読んでいる。この社会についてどうのこうのということを述べるつもりはないのだ。料理の本は実際に作れそうなものは作ろうと思っている。それに今から何か勉強して、例えば韓国語でもいいが、翻訳者になれるほどになるには時間と資本が必要で、時間はともあれ資本がぜんぜんない状態ではいかんともしようがない。せめて近隣の人とお話が出来たらと言う程度で、だからブラジルポルトガル語も本当は勉強したい。

エスペラントは向こうが知っていれば実に話は早い。しかしこれで金をもうけた人はいない。

 

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne