忍者ブログ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆふ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「短歌現代」八月号 歌人賞・新人賞

短歌現代八月号を立ち読みした。松坂屋が開くまで時間つぶししたかったからだが。
歌人賞と新人賞の発表号だった。どうやらこの区分は「年齢」らしい。そうなるとだいたいラインというのは40代というのが相場だ。40才がラインならば私は新人賞には応募できない。40代いっぱいなら歌人賞には応募できない。難しい年頃ですね。まあ、それにも問題は、というかいちゃもんつけようという気はあるが、些細なことなのでやめておく。

新人賞の評に「表記が乱れている」とあるので仮名遣いや文法がおかしいのだろうか、と読み進めると「一行連続」していないということらしいので驚く。それは応募上のル-ルであって一般的な短歌に関するルールではない。結社誌でもそういう書式のルールはある。それは事務的なルールであるはずだが。編集か選者かはわからないがこれを短歌のルール破りだといっている。

二行書き・三行書き、一字下げ、空白、記号にいたるまで「短歌としての表記の乱れ」としている。あのね、

頭が固い!もしくは居丈高!

そんなんだから応募が少ないんだ。百ちょいだったっけ。千ってことはないわな。名前を挙げて申し訳ないが「短歌人」の冨田真朱さん、彼女の歌から記号や空白を取り上げたら彼女の歌ではなくなるよ。万が一、億が一彼女が応募したら真っ先にはねられる。内容も見られずにさ。あれがいいかどうかは人それぞれだけど、門前払いにされるとしたらかわいそうである。ま、それがうちの方針ですってならやってなさい、そんで優等生の歌をとりなさいな。

PR

Comment
「短歌人」の冨田真朱です。
今日初めてこちらを拝見しました!
名前挙げていただいてありがとうございます(^_^;)
たしかに私みたいのはこんなの短歌じゃないと・・結構言われます。
ゆふさんのおっしゃるとおり、恐らく読んでもらえずはねられたこともあるかと思います。
表現方法は1人1人千差万別で、また時代とともに進化していくものだし、文芸は読む人の娯楽でもあるので、もっと自由で楽しくていいと思っています。ゆふさんに同感しました。
門前払いはちょっとと思います
読んだ結果低い評価というのは本人の努力をする余地がありますが門前払いだけは、避けて欲しいのです。

特に新人賞の場合は。

来訪ありがとうございます。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne