忍者ブログ

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆふ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いじめについて

いじめられていたものとして、いじめのことを語るのはいやである。あのころがしっかりと思い出され、いじめていた相手に対するのろいのような心さえ再現されるからである。

私は小学校三年から六年までと、高校三年間いじめられていた。何で大人が気づかないのか不振なのは、夏休みのプールの時間に、五六人が私を水中で踏んづけてあと十人が人垣でさえぎっていたぶると言うことである。監視として大人が複数いるはずなのになぜ気がつかないか?下手をすれば死ぬじゃないか。毎日何度もこういう目に遭うと「死ぬんではないか」と言う気持ちになる。それはいじめてる相手に殺されると言うことである。殺されるくらいなら自殺してたたってやると思った。ったってやるとは幼稚だが、もっと幼稚なことに死に方を知らなかったので秋になっても階段から突き落とされたり縄跳びの縄でぐるぐる巻きにされたりしながら冬が来た。

大雪だった。私は傘を持ってこなかったのでそのまま学校から離れた。もしかすると凍死するかもしれないと思ったから。雪はどんどん降ってきて車のわだちも消してしまい足にまとわりついた。どこへも行くあてがなかったので家への道を歩いていた。ぐしゃぐしゃにぬれて帰って怒られた。

高校時代のいじめは、その高校の教師の行う体罰に比べればたいしたことがなかったが、同窓会でも仲間はずれだった。

いじめはあるストレスが極限値を超えると起こるのではないかと思われる。小学校三四年は近所の子にいじめられるほかは平和だった。厳しいと有名な教師になった五六年が一番ひどかった。それと昔のいじめとは違うものがある。圧倒的多数で一人を苛め抜く。もちろん殺意のようなものもある。ただそれは誰であっても好いのでいじめられる特徴の子と言うものはない。

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne