忍者ブログ

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆふ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

左の耳の不調

今日内科で血糖を測ったら201だった。いきなり高くなったもんだと思ったら朝の薬を飲んでいなかったので飲んだら、昼を食べた直後に血糖が下がりすぎてしまった。飲んだころあいが悪いのと、朝ごはんが少ないのが両方あったからだと思う。朝はぼんやりしているので薬を飲んだかどうか確かめないと。幸い一日一個ずつの薬だったので数を数えればすぐわかるという感じ。

左耳が今週はじめからずっと耳鳴りで気持ち悪い。総合病院では以上なしといわれたが、経過を見ている桜山の耳鼻科では、左耳の聴力が少し落ちているので今週はおとなしくしたほうがいいとのこと。にもかかわらず仕事をしていたのではっきり耳鳴りが出てきて今日は休んだ。場合によっては本当に今週いっぱい休んだほうがいいかもしれない。



バッチレメディーのチェリープラム・ホリー・クレマチスを使って一週間近い。ホリーの感情がでたのは数年前にないことだった。数年前よりいろいろシビアな状況で、というかこれを使っていたのは十年余前になるかもしれない。その状況からして人をうらやんだり嫉妬したりもっと言えばうらんだり憎んだりする感情が生まれたのだろう。クレマチスはあまり使わなくてもいいかと思った。その代わりロックローズとホワイトチェストナットがやはりいる。ロックローズはパニックを起こすときいると思ったがホリーを先に頼んだ。堂々巡りにはホワイトチェストナットもいるけれどこれ以上要らないのではないかな、私の基本はこれで尽きると思う。

あまりストレスのかからない状態ではクレマチスが強いのが、ストレスの強い状況でホリーになったのか?ちょっと変わっている。クレマチスはぼーっと白昼夢に浸るところから、いずれいるのではと思う。こだわりの強いところにはホワイトチェスとナットが何とかならないか。ロックローズとチェリープラムはしばらく離せないのではないか。血糖の低い以外に何かものすごくこわくなってパニックを起こすから。

 

PR

感情のダッチロールと低血糖

昨日は昼を食べてひどくパニックになり、その他の状況から低血糖かと思ったのでブドウ糖をもらったが激しくなるので救急へ行き、血糖を測ったら80だった。正常の下限だ。点滴をして106になる。なのに夕食を食べたらまたおかしく、動けないほどになったのでまた病院へ。やはり80。正常値だからとめまいの検査をして、めまいの点滴を2袋する。

平衡感覚が異常なのは脳によるのではないか。ネットでめまいを検索するとメニエールっぽい。よくわからないが明日通常の外来を受診するのでなんらかわかるだろう。

バッチレメディー

ホメオパシーとは少し違うが、気質やそのときの感情に作用する38種類のレメディーを使った何というか、補完療法。一時期結構やっていたが、そのレメディーが手に入れにくいのとかなり高いのでやめていた。でも気質や感情がポジティブになればこのストレスフルな生活も何とか切り抜けていけそうで一部はじめようかとも思う。西洋薬を否定する気はないのだが風邪になったときせきをとめる薬と、風邪になりにくい体にするものは違うわけで。自分の気質のレメディーはだいたい決まっているから二本か三本で充分。基本的な気質の一本と、かーっとなったときの一本と、パニックになったときの一本。あとの二つは緊急のレメディーで代用できるし。
これでパニックやODが収まれば、本当に収まればいいのだが。

医療について補助がどんどん削られていくのだから今のままの医療を受けられるかどうか心配だし、何より感情というのはそう簡単に薬でどうにかならないものだから。

ついでに周りの人間に飲んでもらってお互いのストレスを減らせればいいけど、周りの人間がこれをたぶん信用しないと思うし、難しい。


私はクレマチスが一番メインだな。ファンタジーにのめるほうだから。過去を懐かしまないのでハニーサックルではない。で、チェリープラム・ロックローズでパニックと自傷に対処して。ロックウォーターの気もあるが参考程度、チェスナットバッドもいるのかも。夫ハーベインかバインだな、ビーチでもいいが。とにかく聞いてくれないんだもん。頑固と言うか。

考えてみるとこの不景気な世の中、下流で生きている人にはゴース、とホリー、政治家にはビーチ。
もうみんなみんな目つきが剣呑だからホリー飲んでもらうと。こうやって勝手に処方していると楽しいこと。

もうちょっとなのだ、我慢するのだ

かゆかったり痛かったりの一週間だが、だんだんマイルドになっていく。
気持ちもマイルドにはなってきたが、週初めにわだちで嫌なことがあったそのフォローをどうすべきか。私がいやな気分になったのに相手のフォローを考える必要まであるのかどうかわからないが、もう少しなのだ、我慢するのだ。

ぎゃうーん、耳も痛いよーん

あんまり痛いので、しかし虫が入ったわけでもないし救急へ行っても仕方ないし、叫んでみた。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne