忍者ブログ

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆふ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

缶パン

今日は総合病院へ行くので遅れると電話して、やはり大幅に遅れ午後三時過ぎに出勤。行って意味あるのかという遅さ。しかし行った。で、プログの部屋に半年ほど前からずっと缶パン(缶詰入りのパン)が置いてあって、昼を食べてない私はとても食べたかった。しかしお自由にお食べくださいというものでもないので、何のためにそこにあるのか不明ながら食べないでいた。その代わりゴーフレットを三枚食べた。まあ、ないよりは少しはましだろうし。

非常食の放出でいろいろ放出されると必ずもって帰るが、「氷砂糖入り乾パン」はおいしかった。むかしの乾パンはすごくまずかったらしいが、今の乾パンはおいしい。「~まるかじり」シリーズで東海林さだおさんはすいとんを食べに行った(戦争中でなく今)昔のすいとんはものすごく、ものすごくなんて形容が逃げ出すくらいまずかったそうだ。でもおいしかったんで悲しかったって。わかってくれないだろうな、若者はって。

戦後のまずいものというと脱脂粉乳だそうだが、夫は飲んだという。私は飲んでない。まずかったかといったらまずかったといった。スキムミルクを飲んだことが学生時代あるが(ダイエットしようと思い立って)味気ないものではあるがまずいという記憶はない。

いまや非常食すらおいしいのだった。

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne