忍者ブログ

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆふ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バーゲンに行き、店じまいの店を覗き

長襦袢二着・伊達締め・肌襦袢を買う。防寒コートも買う。それ自体はまあまあよい買い物。だが自分の財布がミニマムだったということを考えに入れなかった。バーゲンって怖いなあ。
きものやさんというサイトで肌襦袢と長襦袢兼用の上の襦袢を買い、半幅帯を買い、雨コートを買い、腰紐と衣文かけを買った。あと裾よけがあればいいだけ。一枚あるけど。
裾よけは八月以降の課題。あとうそつきの袖。この暑さで浴衣以外の着物を着るのは苦行だからうそつきもまだ考えずにいていい。

今日は川柳の会の人がイラストレーターとコラボした作品展を見に行く。買ったばかりの半幅帯を締めていく。ついでに赤い兵児帯をしてみる。ちょっとくどかった。私はふわふわした兵児帯が大好きでオフの日は兵児帯で可愛い感じにする。年を考えろといわれても好きなんだもん。頭ががきっぽいのだろう。
川柳関係の人はいずイラスト関連の人ばかりで少しさびしかった。コラボ作品はよかった。
PR

雨コート・半幅帯・半衿・衣文かけなどで

一万円を超える注文をしてしまったというか、した。雨コートは中古を買った。半衿は意外に高い。衣文かけはそんなに高くない。余計といえば余計な半幅帯は一目ぼれ。
肌襦袢と長襦袢をかねたものがあると聞く。しかし重ね着したほうが安くつくようなので買わなかった。ただサイズが小さかったらこれを買うしか道はない。

帯は長さが気になる。

染み抜き

これが高いんですねえ。クーラーを買う予定さえなければ何の気兼ねもなくしみ抜きに出すが、まだ袷のしみ抜きを頼んでいない。しかし頼まない限り困ったことになる。長じゅばんや半襟は浴衣を着ていれば必要ないが、仕事に浴衣というのがどうも遊んでるみたいで気が引ける。ここ数日のように確実に大雨という日は浴衣は重宝する。

絽の長襦袢が欲しいのだが、そうすると絽の半襟ということになる。ポリなら五百円くらいであるがポリはちくちくするので困る。

浴衣ではない!

透ける着物を着て仕事に行ったら山ちゃんが「浴衣がはやっとルナ」といった。まあ見えにくい人なのでさして気を悪くしなかった。弱視の人なんだから仕方ない。が。家に帰ってエレベーターで女の人に「盆踊り?」と聞かれた。

浴衣ではないってのに。

もう十日もするとみなと祭りだ、そして梅雨明けだ。ぎんぎんぎらぎらだ。自分の体力が持つかどうか不安である。

着物関係で欲しいもの

まず長襦袢。麻の長襦袢があるがもう一枚必要であろう。絽の二部式が欲しい。五月くらいに安売りしていたのを買いそこね、ちょっと高いのだ。古着屋で安いのがあるがポリエステルを夏着たくない。
雨コート。今もっているのは裾が長すぎて引きずるのだ、裾をまつったらいいのかな、まつるぐらいは出来るが。雨コートのサイズがSだ。少ないらしく色もなんだかなと言う感じ。そのくせ高い。
腰紐。なんぼでもほしい。いつも一組だと汗がしみこんでしけって大変。二組なら乾かして置けるし。
半衿。絽とか紗ってなかなかない。「さが美」にあったがポリでかつ高い。あそこなんでも高い。

あと古着で名古屋のつづれ帯って出ないかなあ、願望だけど。


群さんの『きもの365日』を引き続き読んでいる。一回買った古本は人に譲ったので古本屋をめぐったがない。古本でもあまり値が下がっていないので、新しい本を注文する。『きものが欲しい』が文庫になっているがあまり食指が動かない。365日のほうが実際的だしイラストがなんとも言えずよいし、着物の写真がいっぱいいあってうれしい。群さんまでの世代は昔きものが普通だった時代を知っている。この世代へアプローチするのが難しい。きもの観がぜんぜん違うからである。私は肌に違和感がなければ化繊でも何でもいい。ただし肌襦袢は木綿がいい。わたしの買う古着は繰り回しをしたらものすごく高くついてしまうが、お針のできる範囲で繕ったり、最終的には何になるかわからないがやってみてもいい。だって買値が千円してないのだから。何万円も出すと言うのはちょっと気が引ける。群さんが泣きそうである、泣いて怒るかも。
冬はウールと木綿、夏は木綿。自分の手で洗えると言うことは私には必須。帯は洗えないけど。普段着中の普段着でいいのだ。

群さんだって失敗してるんだからきもの初心の私はもっと失敗して覚えてゆくんだろう。親に教わったわけでもないし。きもの文化が途切れたところからはじめるってのは結構大変。



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne